ちょい(笑)ブログ

まさに名前負け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

胃カメラの話(前編)


入院したことありますか?
乳輪吸った、じゃないです、入院した、です。まずお前が頭の病院に入院したほうがよさ気な冒頭で、今日もこんばんわ。さて、入院です、経験ありますか?未経験の人は健康でなによりです、よかったね。入院したことのある人は、もう怪我や病気しないように気をつけようね。入院してナースと嬉しいハプニングがあったやつは、しね。




こんな僕でも入院したことがあります。
病気というか、怪我と言うか・・・たこ焼き食って入院しました。ちょっと、可哀想な人を見る目で見ないで!何がどう転んだら、たこ焼き食って入院するんだ、と。分かります、僕も大阪に住んでいながら、たこ焼き食って入院するとは思ってませんでした。戸籍を検めようと思ったね。ワタシ、タコヤキ、スキアルヨー。




詳細は、省きますが、中学2年生の夏休みです。地元の盆踊り祭りで素人のPTAのババアが焼いた、たこ焼きを食った瞬間に、その悲劇は起こりました。口にたこ焼きを頬張ると、たこ焼きの中から溢れんばかりの煮えたぎった油がアブラカタブラー!って躍り出てきたわけです、盆踊りだけに。
一度口に入れたものを口から出すという、牛教育を受けてなかった僕は、悩んだあげく、というか勢いというか、煮えたぎった油ごとたこ焼きを飲み込んだのです。食道から胃にかけて灼熱がボーン!って衝撃です、盆踊りだけに(強引)。




さて、喉下過ぎれば熱さも忘れ何とか、とはよく言ったもので、煮えたぎった油を飲み込んだ僕ですが、飲んでしまえばこっちのもの。えへ、飲んじゃった♪的なノリで、何事もなく意気揚々と帰路に着いたわけです。残りの夏休みもエンジョイして楽しむんだぜ、と息巻いていた僕はたこ焼きを飲み込んだ2日後、夕飯の食卓にあがったトマトを一口食べて悶えました。呼吸困難と胸の激痛、息ができないから言葉もでない、ただ涙目で床をのた打ち回る事しかできない、食事中だよ行儀悪いし邪魔。そんな僕を見て母親が一言「救急車呼ぶか?」と聞いてくれました、笑顔で。




こうして救急車で病院に運ばれてですね、医者に見てもらいます。「どうしましたか~?」って医者や朗が聞きます。この時点で僕は痛みが治まっていたし、多分たこ焼きで食道でも火傷したんじゃないかなって予想をつけていたから、聡明な僕は元気よく「たこ焼き、食べました。」と真実をありのままに伝えました。すると医者野郎は頭が悪いのか「え?今日ですか?」とか聞きやがります、今日はトマトを食べたんですよ。そんな事まで説明してやらなくちゃダメなのか、日本の医療はどうなってるんだ。




事情を説明すると医者野郎は「たこ焼きを食べて救急車で運ばれてきた人は、初めてです。」とか言います。僕だって、たこ焼き食べて救急車で運ばれるのは初めてだっつーの!お前一人が初めての経験をしてると思うなよ。思い上がるなよ、この女医が!
そんなこんなで、いちおう検査のために入院することになりました。そこで医者は得意セリフを吐きます「じゃあ、点滴しときましょうか。」。点滴ですよ点滴、ブドウ糖を体にブチこまれるわけです。「左手、出してくださ~い。はい、刺しますよ~・・・あ。」。




あ。じゃねぇ!
何だ、その軽いノリ!どーんーだーけー?医者を見ると「てへへ☆」みたいな顔をしてるわけですよ。この時、僕は中学2年ですよ、童貞ですよ。まだ女医に興味はなかったから本気で腹たちましたよ、今なら2回まで許す。ところがですね「じゃあ、もう1回刺しま~す・・・あ。」どーんーだーけー!?「ごめんなさい、もう1回・・・あ。」いっそ、殺せよ。
結局ですね、左手に8回、点滴の針をさされました。そして医者は言います「あの・・・左手に刺すところが無くなっちゃったから、右手お願いします。」そっかー、無くなっちゃったかー。じゃあ仕方ないよね、うん、ちょっと右手を出すから待ってもらえるかな?えっと、グーで顔面に右手をアッパーカットでいいっすか?ホァタァ!




人の手を穴だらけにしといて「無くなっちゃった。」じゃねーよ、恋人か貴様は。
最終的に、右手も2回ほど失敗されて点滴が成功です。成功した瞬間には涙が溢れました、命が助かった・・・別に大手術じゃねーよ。さて、入院です。短期の入院とは言え、初の入院体験。入院の知識のなかった僕はドキドキです。きっと骨折でギプスぐるぐる巻きのワイルドなお兄さんとかが一緒の部屋だ、とか思ってたワケです、内科だよ。内科どころか、成人病棟は満15歳からじゃないと入れないらしくて、このとき14歳の僕は小児科です。身長180cmの小児科病棟の患者。周りは2歳とか3歳児、大きくても幼稚園児とかばっかり。ワイルドって言うか、マイルドでほのぼのじゃねーか!カントリーマァム持ってこい。




辛い、入院性活でした。
入院したその日から周りの子供は夜鳴きするし、昼間も五月蝿いし。余談ですが、僕は『桶屋奇応丸(ひやきおうがん)』のCMの「赤ちゃん夜鳴きで困ったな。かんむし乳吐き困ったな。」の歌をずっと「赤ちゃん夜鳴きで困ったな。神主乳無し困ったな。」って聞いていて、神主に乳があるほうが困ると思ってました。




後半へ、続く(キートン山田)

スポンサーサイト
  1. 2007/06/03(日) 20:03:59|
  2. ちょいネタ(笑)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<胃カメラの話(後編) | ホーム | だって僕はB型だから。>>

コメント

ロッシュの血管が見づらかったんじゃなぃの~?(笑)太ってたとか(苦笑)
そぅいぇば…今日のまる子は感動だったょ~
  1. 2007/06/03(日) 23:15:47 |
  2. URL |
  3. hinako #-
  4. [ 編集]

両手に開いた穴の分だけ強くなれますよ、きっと(笑)
私はかき食って吐いて殴られて点滴打ったことがあります。
覚えてないけど、吐血でもしたのかな?
ァレ?なんで殴られたんだ?
  1. 2007/06/04(月) 00:29:32 |
  2. URL |
  3. リュウ #-
  4. [ 編集]

anego☆は、大学病院に入院しました際にロッシュ様風点滴体験をしました。
研修医が点滴の針を刺す瞬間て、ある意味死を覚悟するようなものだと思いましたもの。ヘタすぎて驚きました。anego☆の血管は見えすぎますし、太いと言うのに失敗するって…。
「左手、刺すところ無くなったから…右手イイ?」と言われましたが、最終的には主治医が現れ、針を刺してくださいました。
  1. 2007/06/05(火) 04:25:36 |
  2. URL |
  3. anego☆ #-
  4. [ 編集]

前編ですでに爆笑

ごめんなさい 苦しかったのよね…(笑)

子がめどもが 小さいころ弱かったので 思い出しながら読んでました。

『点滴つけますから、お母さんは待合室で』て いつまでたっても呼ばれないから 処置室を覗いたら ぎゃんぎゃん鳴いてるのを 看護師さん4人がかりで押さえてて 結局両手両足に脱脂綿つけて出てきたり

早く大きくなってくれ…楽になりたいなあ とか 思って ふと 目を上げたら カーテンの隙間から、25~6センチはありそうなスニーカー履いた足と 点滴のヒモが目に入って 『あのサイズで小児科かい!』と 恐怖を覚えたりとか…

  1. 2007/06/05(火) 17:46:41 |
  2. URL |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

>ひなこさん
ぼくの血管は太いっすよ。もう何人の女性をこの血管の虜にしてきたことか・・・
まるこ、ちょっと見た。おねーちゃんが不機嫌な話でしょ?


>リュウさん
アスファルトに咲く花じゃないんだからw
なんか、殴られたから点滴。みたいな感じでオモシレェwww


>あねご☆さん
大学病院っていやだよね、どう考えてもモルモットみたいな扱いだもんね。
僕は今でこそ注射は好きだから、今なら嬉しいよね、Mじゃないよw


>かめさん
病院って、面白いハプニングが起こりますよね。
いや、面白いって言うとダメなんだろうけど。
この間、30すぎて小児科に入院した人に会いましたw
  1. 2007/06/05(火) 18:25:29 |
  2. URL |
  3. ロッシュ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoiwara.blog79.fc2.com/tb.php/163-d48a99ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。