ちょい(笑)ブログ

まさに名前負け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初恋‐第五話


初恋‐第一話はコチラ。



*************




F子との恋愛は、他愛の無いものだった。きっと、それは、どこにでもあるような恋愛で、大きく残る印象なんてものは、あまりなかった。遊ぶと言えば、ミスドでコーヒおかわりし放題か、ゲームセンタ、または僕の中学の同級生と一緒にコンビニに屯して無駄に時間を浪費するだけだった。思い出が、残るはずもない。




その、みんなで屯していたコンビニは、僕の町の5番街にあるファミリーマート。通称、5番街ファミマ、略して『5ファミ』と呼ばれていた。その5ファミで、僕の生涯の友となる男との出会いがあった。初対面のとき、彼は真っ白なジャージの上下を着ていた。はっきり言って、彼の第一印象は最悪だった、どう見てもヤンキー。しかも、名探偵コナンと、ハリー・ポッター(ダニエル・ラトグリフ)を足して2で割ったら1余ったような可愛らしい顔をしていた。しかし、仲良くなった。何がきっかけかは忘れてしまったけど、僕の親友との出会いはコンビニである。最近のコンビニは、本当に何でも手に入るんだなぁ。




話は逸れるが、その、コナン・ポッター+1君の同級生に、T君というやつがいた。あだ名は、キンタマ。このキンタマは、なかなか見込みのあるスケベで、カバみたいな顔をしていた、腹が減ったらアンパンを食うようなやつだ。このキンタマ君、当時高校3年であるが、中学生をナンパしようとして言った言葉が、片手をあげながら裏声で「ヘイ!彼女ー!」である、昭和へ帰れ。




僕とF子の恋愛は、特に大きな思い出もないまま、1年を越えた。
そして、事態は急変する。




ある日、僕とF子はデートで街にでかけていた。
その夕方、コナンポッター君から電話がかかってきて、一緒に夕飯を食べることになった。3人で夕飯を食べて、コナンポッターの車でF子を家まで送って、僕も家まで送ってもらった。
夜も更けていき、時刻は午前一時になろうとしている。そろそろ寝ようかな、なんて思ってF子に「寝る」とメールをした30分後である。F子から電話がかかってきた。きっとF子は寝る前に声がききたかったのだろう、女の子らしいじゃないか、と思い電話にでた。「もしもし?」、F子は言った。




「ごめん、別れたい。」




なにを言ってるのか、分からなかった。
また、股にシャンプが挿さったのかと思った。さっきまで楽しく遊んでいたはずなのに、どうして急に「別れたい」なのか、シャンプが抜けないのか?石鹸で滑るようにしたら抜けるよ、と優しく教えてあげようかと思った。嘘だ、そんな事を考える余裕なんて、ない。ただ、F子の「別れたい」という言葉だけが頭の中で虚しくリフレインした。




沈黙。
F子は、黙っている。何か言わなければ、と思った。だけど、僕はマホトーンをかけられたクリフトのように、じっと押し黙っていることしか、できなかった。その沈黙は、きっと数秒だったのだろうけど、永遠にも思える長い沈黙だった。F子が「なんで、黙ってるん?」と聞く。「え。何で別れたいん?」と聞くことが精一杯だった。理由がなんにせよ、この恋愛は終わりを迎えようとしているのに、きっと、理由なんかより、大事な事を聞かなければいけないはずなのに、僕には何も考えられなかった。




「好きな人が、できた。」




さっきまで、一緒に遊んでのに?早いな、おい。
F子の感情には、ピオリムでもかかっているのだろうか。それくらい、心変わりが早いと思った。まるで、ベッドでの僕のように早かttんぉっほん!
僕に言えた、唯一つのことは「別れたく、ない。」だけだった。その気持ちをF子に伝えた。




「いや、俺は別れたくな「無理。」




最後まで、言う前に遮られた。
あの時のF子は絶対にピオリムかかってたな、と思う。




続く




F子の印象推移
『アホ面女子』→『幽遊白書好きな女子』→『恋人』→『ムカデを呼ぶ女子』→『股シャンプーぶら下げ女』→『ピオリム』

スポンサーサイト
  1. 2007/07/26(木) 18:38:47|
  2. 連載(続)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5
<<初恋‐第六話 | ホーム | 初恋‐第四話>>

コメント

シャンプーやばい(笑
ロッシュさんのせいでバスの中で携帯見ながらニヤニヤしてるキモイヤツってレッテル張られました
  1. 2007/07/26(木) 19:42:29 |
  2. URL |
  3. いるか #IqL.HavQ
  4. [ 編集]

股シャンプー女はメダパニを唱えた。読者の群れは唐突な恋の終わりに混乱している。

いや、ホント、どんな心変わりが……私にはわかりません。一年以上付き合った人とこれといった理由もなく突然ふってしまった私には、彼女の唐突な心の変化は知るよしもありません……!
  1. 2007/07/26(木) 23:28:23 |
  2. URL |
  3. 姐 #-
  4. [ 編集]

寝る前に悪い夢を見させられましたね・・・。
そんな夜は僕がラリホーをかけてあげます。
ご希望ならラリホーマも。
  1. 2007/07/27(金) 01:44:10 |
  2. URL |
  3. ナオシー #-
  4. [ 編集]

(;´Д`)ほ・・ほんで?

最近よく「無理」って言葉使うけど、
心底無理っていう意味なんだとは思うけど、
キツイよね・・・ヒドイよね・・・・

ま、しかし女心ってそんな感じ♪
LOVEスイッチは突然入っちゃうもんダス~

その先、気になりマッスル!
  1. 2007/07/27(金) 12:48:05 |
  2. URL |
  3. HARRY #-
  4. [ 編集]

>いるかさん
それは僕のせいじゃなくて、完璧にシャンプのせいじゃないか…

>姐さん
でも、よく考えたら、股にシャンプをブチ込むようなやつの思考をトレースできないのは当たり前な気がしてきた。
人の気持ちは千差万別、行雲流水、五里霧中、支離滅裂で股洗髪剤。


>ナオシーさん
ラリホーマは、相手が僕一人だから勿体無いと思いました。
って言うか、あれだ、僕はFF派だwww


>HARRYさん
でもまぁ、高校生ってこんなモンじゃないのかな。
今の高校生なんか、もっと面白いエピドーゾがありそうな気がするです。
  1. 2007/07/28(土) 20:31:56 |
  2. URL |
  3. ロッシュ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoiwara.blog79.fc2.com/tb.php/186-c67a22f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アディダス レディース ジャージ

アディダスのレディース用ジャージって情報が少ないですよね。
  1. 2007/07/27(金) 04:05:28 |
  2. アディダス レディース ジャージ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。