ちょい(笑)ブログ

まさに名前負け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニホンゴノススメ~世界一どうでもいい授業・番外編~


「どこを攻める?」




この台詞を聞いて、何を思い浮かべますか?どんな状況を思い浮かべますか?そうですね、普通は下手な官能小説の複数プレイだとか、篭城してる兵をあぶり出すための武将の会話だとか、オセロ等々だよね。いくつかの攻め手が思い浮かんだ場合に使うのが普通だよね。
先日、コンビニでこの台詞を聞きました。制服のズボンを腰で穿いてる高校生Aが、制服のズボンを腰で穿いてる高校生Bに言ってました。お前等はコンビニでどんな状況に置かれてるんだ、コンビにでオセロしてんのかよ。きっとお前等の名前は、中島君と松嶋君なんだろうな。




「どこを攻める?」
状況はどうであれ、こう聞かれたなら「○○を攻める。」こう答えるのが普通ですね。中島君(仮)にこう聞かれた松嶋君(仮)も「○○を攻める」って答えてました。「俺は、カップヌードルを攻める」と、ダウト。なんでカップヌードルを攻めんの、カップヌードルに恨みでもあんの?とか思ってたらですね、どうやら彼等は昼食のメニューについての会話をしているみたいです。「昼飯には、何を食べる」=「昼飯には、どこを攻める?」らしいです。お前、動詞の使い方を間違ってるよ、どうしよう(駄洒落)




んでですね、「カップヌードルを攻める」と答えた松嶋君(仮)によって、21世紀の日清戦争勃発ですよ。まぁ、目的語に対する動詞を間違えた、どうしようもない馬鹿な松嶋君(仮)は置いといてですね、中島君(仮性)もそれを聞いて参戦しようとしたんでしょうね「俺も、カップラーメンでトゥゲザーしよっと!(おそらく、俺もカップヌードルにしよう、という意味)。」とか言い出す始末、お前なんでルー語やねん、と。ルー語喋るならカレーヌードルにしろ、と。
とまぁ、そんな出来事があったんですね。




日本語が、破綻しつつある。
昨今の学生を見ていて、それを激しく感じます。僕が学生だった頃から騒がれているけれど、それを如実に感じる今日この頃。時代にあわせて言語が進化するのはいいけれど、上記のやりとりを聞いていて進化と破綻は違うのだ、と強く思いました。確かにジャニをはじめ、ルーO柴あたりなんかが、無駄にイングリッシュを使って相手がアンダースタンド不可能に近い表現をドゥしたりするのを面白がってヤング達が真似してスピークするのがナウイみたいなフィーリングで自分が何を言ってるのか意味が分からない。ほら、こうなるじゃないですか。




まぁ、英単語を使った喋りがダメとは言わないですよ、僕だってたまにしてしまうし。ただ、それは良いとしても「古きよき日本語」を分かった上でして欲しい、と思うんです。「正しい日本語」なんて大それた言い方はしないけど、日本語独特の美しい表現があって、それを理解した上で日本語を進化させていけばいいと思うのです。新しく生まれたものが間違いだとは言わないけれど、故人が生み出した言葉も失われるべきでない。でないと、いずれこの新たな波が古きよき日本語を浸食してしまうかもしれない、現にルーO柴なんかは「なんだよ、藪からスティックに」なんてのたまっていたりするはないですか、これはもう黄色信号ですよ。




日本語には、故人が生み出した美しい表現があるのです。先ほど例にあげた「藪から棒に」みたいなただの諺ではなく、ただの比喩ではなく、時として読み手(聞き手)に多大な感銘を与える。そういった表現が、「なんか面白いから」的な理由で侵食されていくのは悲しい。情緒もクソもなくなってしまう気がする。いつから、ジャニが「ユー~しちゃいなよ」って言ってるのか知らないけど、今でも街中で同じよな喋り方をする人を見かけるじゃないですか、これはもうジャニ語に日本語が侵食されていると考えていいんじゃないかな。じゃあ、ルー語にも侵食される可能性だってあるわけじゃない。




例えば『秋風が立つ』という言葉があります。
これは別に『秋川雅史が「千の風になって」を歌いながら立っている』などという意味じゃなくてですね、男女の間の気持ち(恋慕の情)が冷めてしまう様子、またその経過を示す言葉で「秋」と「飽く」をかけて言っているという、洒落た言葉です。




例文1)
紅葉の下を手を繋いで歩く2人は、人の目には仲むつまじい2人に見えるのであろう。しかし、アケミの恋心とは裏腹に、マサオの気持ちは少しずつ冷め始めていた。




これを『秋風が立つ』で言い直すとですね。

例文2)
紅葉の下を手を繋いで歩く2人は、人の目には仲むつまじい2人に見えるのであろう。しかし、アケミの恋心とは裏腹に、マサオの胸には秋風が立ち始めていた。




どう?なんか情緒を感じないですか?「紅葉」と「秋」がかかってて、また切なさを演出する。例えば、この言葉はルーO柴によって語られたとしましょうよ。

ルー文1)
紅葉の下を手を繋いで歩く2人は、人の目には仲むつまじい2人に見えるのであろう。しかし、アケミの恋心とは裏腹に、マサオの胸にはオータムウィンドがスタンディングだ!




マサオ、強そうじゃね?Jリーグカレーを食って「おかわり」とか言ってるほうのマサオっぽくね?マサオっていうか、マサイっぽくね?
情緒もクソもミソもないじゃないですか、せっかくの紅葉の描写とか、意味なくなるじゃないですか。別に僕はルーO柴は嫌いじゃない、むしろ好きだけど、彼のようなを皆が口をそろえてするのは、心が痛む。例に挙げただけでなく、様々な美しい日本語が侵食され、いつか消えてなくなってしまうんじゃないかと。




というわけでですね、何が言いたいかと言うと、別に上記に限らずですね、喋りたい喋り方をするのは構わない思うんです。時代にあった言語形態でいいと思うから。でも、その前に少し日本語を振り返ってみるとベターなんじゃないかな。

スポンサーサイト
  1. 2007/10/13(土) 20:57:29|
  2. ちょいネタ(笑)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<XYZ | ホーム | 【今更だけど】吉野家コピペ~APMver~【懐かしの】>>

コメント

日本人っカタカナに弱いんですよね。どうしてもカタカナ語の方がカッコイイと思ってしまう人がたくさんいる。繊細な日本語を正しく使えるほうがずっとカッコイイと私は思います。


  1. 2007/10/14(日) 00:09:56 |
  2. URL |
  3. 姐 #-
  4. [ 編集]

最後の最後で日本語が破壊してますことwww

進化と破壊はね、違いますわね、
えっちびでおの表現は、進化のほうだと思います。
  1. 2007/10/14(日) 01:36:00 |
  2. URL |
  3. ojousama #-
  4. [ 編集]

ロッシュさん久しぶりぃv-238
8341ですv-22
覚えてますか??v-21
遊びに来ましたv-34
  1. 2007/10/14(日) 13:25:44 |
  2. URL |
  3. 8341 #aYDccP8M
  4. [ 編集]

秋風が立つ

そんな情緒ある言葉だったんですね。
知りませんでした。勉強なります。
  1. 2007/10/14(日) 16:22:20 |
  2. URL |
  3. たっく #-
  4. [ 編集]

いつの間にか中島君が(仮性)になっているところで笑いましたw
そんな中島君が秋風によって勃起(立ち)カップヌードルで性欲を処理するような日本になりませんように・・。
  1. 2007/10/15(月) 01:05:21 |
  2. URL |
  3. ナオシー #-
  4. [ 編集]

>姐さん
僕もカタカナに弱いです。だから、あまり使いたくないのに、みんなカタカナを使う。
弱いものに、立ち向かう姿勢は誉めるべきなのかなw


>お嬢様
えっちビデオも、内容がもっと進化して欲しいですねw
最近は、どれも同じものに見えますw


>8341さん
ええ、ええ、覚えてますよ☆
ありがとうございます!


>たっくさん
もう秋だから、例に出したんですが、
覚えていただけたなら僕も書いたかいがあります☆


>ナオシーさん
カップヌードルでシタことはないけれど、経験者のナオシさんから見て、
カップヌードルはありですか?w
  1. 2007/10/16(火) 19:49:04 |
  2. URL |
  3. ロッシュ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoiwara.blog79.fc2.com/tb.php/218-993571d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。