ちょい(笑)ブログ

まさに名前負け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2度目のサヨナラ

 


クリスマス・イブ、その日に振られるなんて思っても居なかった。
理由なんてどうでもいい。サンタクロースはアタシを見放した。恋人達が寄り添いながら歩く街を、アタシは一人で歩いた。
キレイに光るイルミネーションも、恋人達の笑い声も、全てがアタシを追い詰める。
ちょうど一年前のこの日、アタシは彼、「ヨシユキ」と付き合いだした。




あの日も、今日と同じ寒い日だった。だけど、ヨシユキの手は大きくて暖かくてアタシに寒をも忘れさせてくれた。もう、その手に触れることもできない。
あの日と同じ気持ちでヨシユキと一年後のこの日を過ごしたかったから、一年前と同じくらいの髪の長さで、同じお気に入りのコートとマフラー、付き合う前に彼が選んでくれたもの。同じ街のイルミネーション、変わらぬ思い。違うのは、隣にあなたが居ない事だけ。




涙も出てこない。横断歩道を渡りながらため息を洩らす。彼への想いも一緒に吐き出して忘れてしまえれば、どんなに楽だろう。アタシには、彼を引き止める勇気がなかった。別れを切り出された時、何も言えなかった。ただただ、予期せぬ現実に戸惑うだけで、彼はそれを「別れを受け止めた」と思い、去っていった。12月の寒さと寄り添う恋人達の笑顔から逃れるように、アタシは歩いた。




歩道橋の階段でブーツの踵が折れる。おまけに、雪まで降ってきた。もう、どうにでもなれ。アタシは、歩道橋の階段にうずくまった。サラリーマン風の男や手を繋いで歩く恋人達が通る過ぎる。誰も、アタシなんかに目を止めない。アタシは、ここに存在してるのだろうか。このまま降り落ちては消えてゆく、この雪のように消えてしまっても、かまわない。




「リョウコ?」誰かがアタシの名前を呼ぶ。ふと顔を上げると、大学のときに付き合っていた『シンジ』がそこに居た。
「なにしてんの?こんな所で。」それはこっちのセリフだよ、と思いながらも急すぎる再開に言葉がでない。今日は言葉につまる日なのだろうか。そんな事を考えながら今の心境を悟られまいと笑おうとしたけど、なんでだろう、涙が溢れてきた。




「どうしたんだよ、急に泣き出して・・・」どうしていいのか分からないのだろう、シンジはただ「どうしたんだよ」を繰り返した、それが少し面白かった。
「クリスマス・イブにね、振られちゃったんだよ。」アタシがそう言うと、シンジは「え?マジで?なんで?大丈夫?」と、「?」を連呼した、相変わらずだな、と思うと少し笑えた。




「シンジ、今から時間ある?」一人で泣きながら過ごすイブを覚悟していたんだけど、懐かしい相手に再会した。ここで誰かに全部こぼしてしまえば、少しは楽になるだろう。そう思って、シンジを誘うことにした。シンジの都合がよければだけど。
「え?いや、まぁ、暇だけど・・・」シンジがそこまで言ったときに、アタシは遮って「じゃあさ、今から飲みに行こう。声かけたんだから、責任もって愚痴を聞いてよ。」とシンジの腕を取った。踵の折れたブーツじゃ少し歩きにくかった。




半ば強引にシンジをつれて近くにあった居酒屋へ行く。
お洒落な店なんかじゃなくていい、恋人で賑わう店で愚痴をこぼすのも癪だから。
「とりあえず、生2つ。」店員にそうつげて、アタシはシンジのほうを向いて「覚悟できてんでしょうね?時間がたったらホンット腹が立ってきた、しっかり聞きなさいよ!」そういって、アタシはビールを流し込んだ。シンジは、少し困ったように笑っていた。




「なんでイブに振られなきゃなんないのよ、しかもブーツの踵は折れるしさ!ちょっと、シンジ!聞いてんの?」酔いはすぐに回り、アタシはひたすら同じ内容をシンジに吐き出し続けた。シンジは、付き合ってた頃と変わらない、優しい目で黙って頷いている。少し、気が楽になった、だから、シンジの話も聞けた。今は彼女が居ないこと、やりがいのある仕事にありつけたこと、その仕事が忙しいこと、だから恋愛する暇がない事、今日も仕事帰りだったこと。
自分の仕事の事を話すシンジは、少し頼りがいのある男に見えた。あの頃は、あんなに頼りなかったのにさ。




何時になっただろう、店を出るとアタシはアルコールのせいで真っ直ぐ歩けなかった。「大丈夫?送っていくよ。」そういって、シンジはタクシーを停める。「まだ飲み足りない!」そう言うアタシをタクシーに乗せて、シンジが隣に座る。走り出すタクシー、走り去るイルミネーションの街、外は雪、暖かい車内、「大丈夫?」と聞き続けるシンジの声。
アタシはその夜、シンジの部屋でシンジに抱かれた。




あの頃よりも上手になったキス。あの頃と変わらない優しい声。あの頃よりも逞しくなった腕。アルコールのせいに出来た。心にポッカリ空いてしまった穴を、一瞬でもいい、誰かに埋めて欲しかった。今、アタシはここに存在している、そう感じたかった。だけど、彼に抱かれながらも、あの頃の気持ちを呼び起こすことはなかった。もう、あの頃のアタシじゃない。でも、ほんの少し、思い出にすがりたかった、だからアルコールのせいにした。もう、あの頃の私達じゃない。もう、あの頃の君じゃない。





目が覚めると頭が痛んだ、二日酔いだ。シンジはまだ寝ている。アタシは何も言わず、寝ている彼を起こさないように部屋を出た。部屋を出るとき、小さく「ありがとう」と言葉がこぼれた。
きっと、もう君に触れる事もない。聖なる夜の小さな思い出。2度目のサヨナラ。
明け方の空の下、歩き出す。折れたブーツじゃ歩きにくかった。そして、ふと思い出し、振り返って彼の部屋の窓を見上げ小さく呟いた。




「包茎手術したんだね。」


 





☆時期はずれだし何かゴメン。FC2ブログランキング。


 

スポンサーサイト
  1. 2007/01/22(月) 19:20:56|
  2. ちょい読み物(笑)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10
<<やばいぞ | ホーム | やっぱり家が一番ね>>

コメント

お嬢様のところより参りました、通りすがりです。
一言だけいいですか?

ワタシのときめきを返してください。
えっれぇ胸キュンしたっちゅーねん。


失礼致しました♪
  1. 2007/01/22(月) 21:42:49 |
  2. URL |
  3. 通りすがった人 #-
  4. [ 編集]

ロッシュ様!!
最後の一言が余計ですわwww

ちょっぴりシンクロさせて読んでしまいましてよw
  1. 2007/01/22(月) 22:01:24 |
  2. URL |
  3. ojousama #-
  4. [ 編集]

フッ

(*-_-)v/~
  1. 2007/01/23(火) 00:06:39 |
  2. URL |
  3. yanchun #0MXaS1o.
  4. [ 編集]

包茎やったんかいっ
絶対にオチが来ると思ってたが…包茎とは

昔の男にすがりたいとは絶対に思わんなぁ
愚痴はゆーても、それ以上にはならん
ま、愚痴ることもないがね
  1. 2007/01/23(火) 00:16:15 |
  2. URL |
  3. カバチタレ #-
  4. [ 編集]

前にホウケイのせいで別れた二人だもんね
  1. 2007/01/23(火) 01:36:11 |
  2. URL |
  3. ハラキリ #-
  4. [ 編集]

シンジくんの心中お察ししますww
  1. 2007/01/23(火) 05:59:36 |
  2. URL |
  3. うしを #-
  4. [ 編集]

包茎治したんだから、付き合っちゃえばいいじゃんね~。
それとも、他にだめなとこあったのかな?
シンジ君。
  1. 2007/01/23(火) 23:53:07 |
  2. URL |
  3. jikohin #-
  4. [ 編集]

一皮むけたあなた

おとなになった わたし。
  1. 2007/01/24(水) 00:16:13 |
  2. URL |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

こんばんはっ

おじょじゃんのみゆです♪(お嬢様ブログからジャンプしてまいりましたの略)

どうでもいいのですが・・・
友人がとある男性と付き合い始めて1ヶ月。
盛り上がりに盛り上がり、やっとベッドイン。

彼はいきなり彼女に、それをさせようとしたのだそうです。
え?「それ」がなにかって?

・・・いえないっっっ

その彼、どうやら「ほーけー」だったらしく
そして、きっと「きれいきれい」していなかったらしく、

とても、強烈なにほいに見舞われたそうでふ。

ええ。
彼女はその翌日には別れる決心をしてましたわね。

手術してよかったですわねぃ~♪>シンジったら(友達かよっ)
  1. 2007/01/24(水) 19:19:58 |
  2. URL |
  3. みゆ #-
  4. [ 編集]

>通りすがりさん

それは申し訳ない事をしました。
じゃあ、包茎手術は学割が効く、という事を教えてあげるので許してください。だめ?


>お嬢様

えっと、包茎の元彼が居るんですか?
真性ですか?辛いみたいですねっていうか、何の話だwww


>yanchunさん

「俺は包茎じゃないぜー!」って自慢ですか?www
そんなん、僕だって!


>カバチさん

あなたのような女性ばかりなら、世の男は強くある必要はなにのだろうwww
でも、そゆ強さは、持っていたい、男も女も、ある程度は。


>ハラキリさん

僕にはそんな経験がないから、なんとも・・・w


>うしをさん

えっと、あなたもですか?(失礼


>じこひんさん

シンジ君は、すぐに逃げるからwwwwww


>かめさん

僕も大人の階段を上りたいです。
シンデレラになりたくて・・・・


>みゆさん

なんともステキな略し方ですねwww
いや、もうそれは男が悪いです、誰が何て言おうと。
という事で、今から風呂に入っt
  1. 2007/01/24(水) 23:08:13 |
  2. URL |
  3. ロッシュ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoiwara.blog79.fc2.com/tb.php/92-517997ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2/12までが絶対お得です!(男性向け恋愛マニュアル)

2/12に値上げされるこのマニュアルですが・・・ 実は、同時に今なら付いてくる特典も大幅にカットされてしまいます。あなたもお得な今の内に入手して有意義な恋愛を体験して下さい。
  1. 2007/02/09(金) 17:08:15 |
  2. お悩みBlog(ブログ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。