ちょい(笑)ブログ

まさに名前負け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボボボーボ


ちょっと疲れ気味で書いた記事が、読み直すとオール下ネタでした。読みたいですか?そんなオール下ネタなの。で、あまりに下ネタ満載で、落ち込みながら頭に浮かんだ言葉が『オール下ネタ・巨人』ってどうなの、あり?なし?そうだね、なしだね、削除した。




んで、ちょっと下品すぎたから、他に書く事ないかな~って考えたんですよ、そしたら、カクものなんてマスくらいしかねーな、と。さっき消した記事みたいなこと書いてるな、末期だ。
で、そんな僕だけど、鼻毛って抜くの楽しいよね。太くて長い鼻毛が抜けたときに快感って、タマランですよね、太くて長いのを抜くとさぁ!ところで、僕の知り合いのブルース・ウィリスに似たオジサンは「俺は30cm級の鼻毛を3本飼ってる!」って言ってました、どんだけー。いや、ブルースだけに、ハウメニー。




鼻毛と言えばですね、先日のことです。仕事中にたまに喋るオッサンが居るんだけどね。いや、同業ではないけど、僕の仕事の請け負い先の一部みたいなオッサンね。Nさんって言うんだけどね。そのNさんが、鼻にでかい絆創膏をしてたんです。そんなデカイ絆創膏って、どこに売ってんの?ってくらいにデカイ。絆創膏っていうより、装甲板だぞ。剥がしたら、どうなるのか気になる。


赤城「絆創膏が…!」


伊吹「絆創膏!?」


赤城「ええ。あれは装甲板ではないのよ。鼻の力を抑えている絆創膏なの。」


N氏(の鼻)「オオオオオオオオーーーン」


葛城「使途を…食ってる。」


伊吹「ゲボォェア(嘔吐)」



こんな展開を期待するじゃないですか。いや、ほんと気になる。お前、鼻が絆創膏で見えへんやないか、と。鼻創膏やないか、と。だから、素直に聞いたんですよ「鼻、絆創膏ですね。どうしたんですか?」って。Nさんは、苦笑しながら答えてくれました。




「いや~、手にハサミを持ってるのを忘れてて、その手で鼻毛を抜こうをしたら、バサーて切れた。」




切れた、じゃねーよ。それは『切った』って言うんだよ。
お前、自分の手とのシンクロ率、4%じゃねーか。初号機とは違った意味で制御できてない。
もうね、リアクションに困るからね、そういうの。予想外すぎて「あぁ…そうなんですか。」みたいな事しか言えなかった自分が悔しいじゃないですか。むしろ、そのハサミで鼻毛を切ればよかったじゃないか。どこの世界に鼻毛を抜こうとして顔面を負傷する馬鹿が居るんだよ。どんなヤシマ作戦だよ。




まぁ、本人もショックだったんでしょうね、自分のマヌケぶりに。「俺、ピアスも開けたことないのに、鼻に穴が開いてもーた。」とか言いだしました。それは比べるところじゃねーよ、だいたい『開いた』じゃなくて『切れた』だよ、いや『切った』だよ。どうせ言うなら「スリットの入ったスカートも穿いた事ないのに、鼻にスリット入れてもーた。」だと思う。こいつ、そのうち「バ、バームクーヘン」とか言い出しそうだな。




「あ、これに鼻ピアスでも付けるか。いや、これ穴と違うもんな、切れ目やから無理や。」




なにその無駄なポジティブ。
お前さっき自分で「穴が開いた」って言ったじゃねーか。もう愛想笑いしか出ないじゃないですか。「あははー」くらいしか言えないじゃないですか、困る。さっきから相槌しかしてないぞ、僕。




「で、そのハサミを見たら、『切れ味バツグン!』って書いてあった、わははー」




お前に話には切れ味がないけどな。

  1. 2007/09/06(木) 18:52:37|
  2. ちょい日常(笑)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ボンルスツ


オボーン!
元気ですか?僕はお盆休みに入ったということもあり、元気だボーン!赤い太陽がみんなのお盆休みを歓迎してるボーンね。お盆休みが長い人も、短い人も、楽しいお盆休みを過ごしてボーン。ものすごく語尾がウザイ。




さて、お盆休みです。皆様は、いかがお過ごしですか?田舎に帰ったりしてるの?お盆と言えば、ナスやキュウリに割り箸を刺して馬を作って飾るアレですね。田舎に戻ってきたご先祖様が、黄泉の国へ帰る際に、ナスやキュウリの馬に乗って帰るんですね。ナスやキュウリのウマに乗って!このドエロ!ナスやキュウリの上にウマとは、ほとんどの男は勝ち目がないじゃないか。僕に至っては、それこそもう割り箸じゃないですか、ナスとは違うところに割り箸を挿すワケじゃないですか。ほら、僕の嫁は「お前のチ○コを縦に裂いてやろうか!」とか、言い出す人だし、そういう意味でも割り箸な。




そんな割り箸ボーイな僕も、今年のお盆休みは旅行にいったりします。ほんとは沖縄に行きたかったんだけど、飛行機が取れなくて諦めました。で、目的地を決めてね、ホテルの予約とかしたわけ、嫁が。もう僕は沖縄がダメになった時点で、お盆休みは家に引き篭もって割り箸でも擦ってようかと思ってたんだけど、そこはさすが嫁です。見事に僕は説得されて、遥か北の大地、北海道に旅行に行くことになりました。留寿都(ルスツ)ですね、旅行先は。ルスツに行くには、家を留守にしt(あまりに低度な駄洒落のため、削除)。ところで、留寿都ってどこ?




そんな留寿都への旅行だけど、嫁と嫁の妹と3人で行くんですね。
で、時はさかのぼり8月9日。
僕と嫁は、ファミリィレストランで遅い夕食を摂っていました。注文をすませて、食事が来るのを待ってたんですよ、ちんちんの位置(チンポジ)を直しながら。そこへ、嫁の妹から電話がかかってきたんです、旅行のことで。僕はタバコを吸ったり、ちんちんの位置をアレしたりしながら、何気なく嫁と嫁の妹との電話を聞いてました。その時、驚くべき言葉が嫁の口から!




「…で、夜の遊園地は予約したの?」




ナイト・アミューズメントパーク!
明らかにピンクな響きじゃないですか『夜の遊園地』って。回るベッドとか置いてそうじゃないですか、木馬とか置いてそうじゃないですか、それに乗っても黄泉の国へは帰れそうにないじゃないけどさ。いや確かに、また別の意味では昇天してしまうかもだけどさぁ!なんだか僕の股間のナイト(騎士)もアミューズメントできそうじゃないか。




とか思ったら、違うんですよ、早トチリするんじゃないよ。
どうも僕達が泊まるホテルは、その場所自体が大きなリゾートパークみたいになっていて、施設の中に遊園地があるらしい。で、夏休みの間はナイター営業もやりますよ。みたいな感じだって。施設のホームページにも「夜のテーマパークに早変わり!」って書いてあるもん、やっぱり違う意味に見えるけど。




でもね、これを普通に「ナイター営業しますよ」って意味で聞いたとしても、僕はこの時、パンツの中のちんちんの位置を修正してるわけですよ。股間を擦りながら、嫁の電話を聞いてるわけですよ。当然、誰が見てるわけでもないんだけど、僕の頭の中では「夜の遊園地って言葉に反応した」ってシチュエーションが出来上がりですよ。その直後に運ばれてきたハンバーグの横に、ソーセージが添えてあったりしたら、もう違うものにしか見えないですよ。そのソーセージを割り箸でつまむ時の僕の楽しそうな顔をいったら、もう大変なことになってますよ。タイヘンって言うか、ヘンタイですよ。おい店員、未使用のナスとかキュウリとか持ってこい。




という事で、嫁が無事に旅行の手続きを済ませてくれたので、今月の旅行は北海道へ行ってくるボーン。よく考えたら、毎月旅行してるね、僕と嫁は。
しかしまぁ、絶対に言うね、「ほっかいどーでっかいどー」って。

  1. 2007/08/14(火) 01:00:51|
  2. ちょい日常(笑)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

8月8日、晴れ(後編)


母の手により、2枚の婚姻届を無駄にした僕と嫁は、友人Kの署名ももらうべく、閉店間際の彼の店を訪れた。




8月8日(前編)はコチラ。




午前1時前。
平日だというのに、友人Kの店には、まだ客がいた。6人連れくらいの人たちが1組だけだったけど。どこかの会社の同僚で飲みにきてるようだった、でも6人中5人が男で女性は1人ってどんな組み合わせ?しかもその紅一点の女性は魚みたいな顔で、魔女みたいな声をしていた(魔女の声は聞いたことがないが)。




さて、友人Kの店には、バイトの女の子として友人Hさんが居る。このHさんというのが、中々のプリティガールである。嫁は事ある毎に「Hさん、可愛い可愛い」と連呼する。嫁は事ある毎に「K君、かっこいい、かっこいい」と連呼する。嫁は事ある毎に「ロッシュ、くさい、くさい!ゲボェ~」と連呼する、僕の扱い、どうなの?




さて、この6人連れが中々帰らないから、僕は友人Kに署名を頼めない。さすがに、仕事の邪魔をしてまでは頼めないから、待っていようと決めた。1時を少し回った頃、うるさい6人組は帰る素振りを見せた。と思ったら、一人の男がHさんを口説きだした。いやもう、すげー迷惑そうな顔をするHさんです、そして僕も早く婚姻届を出して帰って寝たいです、夜中の2時だぞ。なんだこの男は、早く帰れ、眉間にボールペン、ブッ挿すぞ。まぁ、見事に振られてたけどね。さぁ、婚姻届の記入タイムがやってきましたよ。




残る婚姻届が2枚だったことから、僕は「間違えられない」と真剣だった。ボールペンを持つ手が震える。下書き用の紙にしっかり練習をして、いざ本番!あ、本番って言ってもエッチな意味じゃないよ、その場合「下ガキ」の意味が変わってくるからね、セックス前にオ○ニーするって意味になるからね。まぁ、ちょっと持続時間が延びて効果はるような気はすr何の話だっけ?




などと話が逸れている間に、僕は間違えることなく婚姻届に記入を済ませた。しかも、2枚もだ。嫁も真剣な顔で記入をする。そして、間違えることなく、嫁も2枚記入した。僕らは2人で「さすがやな、さすが俺達だ。」と天狗になった。字を間違えずに書けただけで喜べる馬鹿が2人、そこに居た。




さて、友人Kも「緊張するわ~」と言いながら、しっかりと署名捺印をしてくれた。もちろん、間違えることはなかった。こうして、僕らは完成した婚姻届を2通、手に入れた。あとは役所に提出すだけだ。時刻は午前2時になろうとしていた。




僕・嫁・友人K・友人Hの4人で、市役所へ向かう。
友人2人は、立会人だ。真夜中の市役所は、とても静かでひっそりと静まり返っていて静かだった。夜間用来客口を見つけ、インターフォンを押す。小さな「ブピー」という音が、小さく鳴った。ガラス扉の向こうは真っ暗で非常出口のライトだけが、寂しく光っていた。明らかにハイテンションで婚姻届を出す雰囲気では、ない。しばらくして、廊下の明かりがついて、目の前のドアが開いた。同時に、目の前に電球が現れて、急に眩しかった。




電球じゃなくて、当直の人のハゲ頭だった。「あの、婚姻届を持っ「あー、はいはい。」電球オヤジは、人の話を最後まで聞かない。小さな部屋に招かれると、部屋の奥から別のオッサンが出てきた。こっちのオッサンは、髪の毛がボゥボゥだ、こいつら2人で喧嘩にならないのだろうか。ボゥボゥオヤジは、「まぁ、座りなさいよ。」と上から目線で椅子を勧めた。寝癖満開のくせに、なんて偉そうなやつだ。




僕らが持ってきた婚姻届は、とくに不備などはなく翌朝、正式に役所に提出してもらえることになった。正式に受理されると「受理しました手紙」が自宅に届くそうだ。まだ、それは届いてないが、楽しみだ。こうして、婚姻届は無事に提出された。役所を出るときに、ハゲの人が「おめでとうございます」と言ってくれたのが、嬉しかったけど眩しかった。
こうして、僕と嫁は、一つの籍に入ったのだ。




おわり




翌日、父親に「8月8日に入籍しました。」と報告の電話を入れた。
父親は「おーそうか!」と言ったあと、言葉を続けた




「お前、北京オリンピックと同じ日やないか!俺は中国嫌いやぞ!」


他に言うこと、あるやろ。

  1. 2007/08/11(土) 18:37:52|
  2. ちょい日常(笑)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

8月8日、晴れ(前編)


「俺達、もう終わりにしないか?」




俺がそう告げると彼女は驚いた表情を見せて「え?」とだけ言った。あまりに予想外な発言だったからだろう、少し間をおいて、彼女は泣きそうな表情になった。その口元が微かに震えている。俺はもう一度、言った。




「俺達、もう終わりにしないか?…お互いの独身生活を。」




彼女の目から涙が零れる。
ほんの数秒前に見せた表情とは、違う意味の涙。小さく震えていた口だけが、笑っている。俺は、彼女をだきしめた。




************




って言う感じで入籍がしたかった。
と、嫁に告げると、「そんなネガティブ要素のある入籍は、絶対に嫌だ。」とバッサリ切り捨てられた僕です、みんな元気?その時、僕の口元は微かに震えていたかもしれない。




さて、『って言う感じで、入籍がしたかった。』と書きましたが、そうです、そうなんです、そういう事なんですね。みんなのロッシュさんは、入籍しちゃいましたね。ニュウセキって言っても、おっぱいが石でできてるわけじゃないよ、乳石じゃないよ、それでペチャパイだったら、小乳石(ショウニュウセキ)とか言って、天然記念物に指定されるかもだけど\(^0^)/フッジサーン




8月8日、晴れ。
北京五輪まで、ちょうど一年となったその日。『末広がりの日』と言うことで、その日に入籍することに決めていた、嫁が。さらに8月8日は六曜が『先勝』だという事で、縁起をかつぐなら午前中が良い、とのこと。さて、ここで問題が発生する。婚姻届ってのは、夫婦になる人間以外に、2人の大人に『証人』みたいな感じで署名捺印をしてもらわないとダメらしいのだ。そして、結婚にあたって非常にお世話になった友人Kに、その大役を頼んだのだが、友人KはとあるBARの店長さんだから、夜のお仕事なのである。




婚姻届が、手元にきたのは、8月7日。
8月8日の午前中に届けを出そうと思ったら、友人Kのお店が終わってから、署名捺印をもらい、役所にいかなければならない。でないと、昼間は僕らが仕事で、夜は友人Kが仕事だから「8日の午前中」っていうのが無理になる。ちなみに、婚姻届もこの友人Kに役所に行って取ってきてもらった。さらにちなみに、この友人Kは超絶男前のイケメンだよ。結婚してるけどね、残念だったなーはははー!




さて、僕の手元には婚姻届が4枚あった。
僕、嫁、そして証人の2人。4人中3人が、一回ずつ間違えても大丈夫という事で、婚姻届は4枚用意した(証人2人は自分の名前と住所・本籍だけだから、2人とも間違えることはないだろう、2人とも結婚経験者なんだし)。よし準備万端、あとは記入してハンコを押して夜中の役所に行くだけだぜ。という事で、僕らは一人目の証人に最初にサインを貰うべく、僕の実家へ向かった。
一人目の証人‐僕の母親は、細木和子のテレビ番組を見ていた。




事情は前もって説明していたから、僕は「ここに、署名捺印が欲しい。」と告げた、地上げ屋の気分だ。母親は「オッケーィ」とノリノリでテレビを見ながら署名を始めた。何でテレビ見てんだよ、マジメにやってくれよ、かーちゃん!子供の頃から、僕に「ゴハン見るときはテレビを食べない!」って教育してきたのに、婚姻届の署名はテレビ見ながらでいいんかよ!今、何か日本語がおかしかった。




母親の手に持たれたボールペンが、婚姻届の上を走り始めた。
直後、母親は小さく「あ。」と漏らした、イキナリ失敗。まさか、6文字目で失敗するとは誰が思っただろう。テレビなんかつけてるからだ!ふふん、でも婚姻届は、あと3枚もあるから大丈夫だぜ。もう失敗されないように、僕は母親が間違えないように、「書く内容を、喋りながら書け」と教えてあげた。『大阪府~』って書くときは「おおさかふ~」って言いながら書くと、間違えないからね。自分で喋ってる内容を書くわけだから、簡単だろう。




母は、僕が教えた通りに、書く内容を喋りながら書いた。
『大阪府』って書いてから「おおさかふ」って言ってた、順序が逆!誰が自分で書いたモンを読めて言うたよ、そんな事したら書いてる内容が『大阪府大阪府』になること請け合い、これ以上、失敗hが許されないんだよ?もうかなり本気でイライラした。しかもテレビでは、梅宮アンナと羽賀研二のエピソードみたいな話をしてる、婚姻届に署名するのに、なんちゅう内容のテレビだ!
こうして、僕と嫁の監視のもと、母親は署名捺印を済ませた。




残る婚姻届は、2枚になっていた。
そうなの、もう1回、かーちゃんが間違えたの。




続く

  1. 2007/08/09(木) 19:18:19|
  2. ちょい日常(笑)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

星に願いを


今夜は、俺がお前の彦星になってやるよ。
今、全米がブラウザを閉じた。メールフォームから呪いのメールとか送られてきそうだぜ。
いやいや、七夕ですね。年に一度、僕らは星に願いをかける。遥か天上では彦星が織姫にぶっかけてるんでしょうな、ミルキーウェイはパパの味~。




織姫と彦星は年に一度だけ結ばれる。
まぁ、もともとは寝ても覚めてもセックスばっかりで仕事をしない2人(織姫は機を織るどころか服を脱ぎ散らかし、牛飼いの彦星は牛じゃなくて女の尻を追いかけまわしてた)を、織姫の親父である天帝が見かねて2人を天の川で隔てるわけです。そして年に一度、7月7日だけ、彦星はわし座の鷲に乗って天の川を渡って織姫に逢いに行くんですね。つまり、天の川はセックスの産物です、やっぱり彦星のミルキーウェイ!




そんなロマンティックな七夕が、今年もやってまいりました。みんな、七夕でタナボタを狙っています。皆様、願い事の準備はよろしいですか?しっかり、短冊に書き込みましたか?笹の葉サラサラですか?
僕はと言うと、先日、外食をしたお店に笹がありました。そこにはお客さんが短冊に願いを書いて吊るしていいみたいで、たくさんの短冊がありました。



さて、人の数だけ願いはあるようです。
多いのは『彼女(彼氏)ができますように。』とか、『お金が欲しい』関係の願い事が目立ちました。中には『(自分または身内の)病気が治りますように』ってのもありました、これは叶って欲しいですね。また『年金問題の解決』って願いもあったけど、それは神頼みなんてしてないで国に頼んでください。




そうやって短冊を色々と見ていると、中には笑えてくるものもありますね。
3つほど、写真を撮ってきました。紹介させてください。





親父の願い


『京美が早くお嫁にいけます様・・・』




縁結びの神に頼めよう。
私欲を捨て、七夕に娘の結婚を願う親、なかなか出来るもんじゃあない。ちなみに同じ筆跡で『●●が早くしっかりしてくれる様』ってのも2枚ありました、多分、息子ですね。この方の切実さ感じられる一枚。





帰れ


『自宅きん慎が、はやくとけますように(ハート)』




外に出とるやないか(ハート)
しっかり反省して欲しいものです。っていうか、他に願い事なかったんか?幸せな人生ですね。『ひらがなの”や”が上手に書けるようになりたい」』とか願えばいいのに。





長い


『もうすぐ成人になるのですが
心と体は成人になっていません
彼女がほしい~の☆』




長い☆
迷わずに包茎をカミングアウト。下手したら、剥けぬ!勃たぬ 毛も生えぬ!って感じでしょうか。とりあえず、『願い事』と『作文』の区別がつくようになってから出直してきて欲しいものです。見方をかえると、「小幡☆晋也」に見えます、つのだ☆ひろか!いつかメリージェーンに出会えるんじゃないかな。それはそうと、この方の悩みはともかく、この短冊が彼女ができない理由を物語ってる~の☆




みなさんの願いも叶うといいですね。

  1. 2007/07/07(土) 00:32:45|
  2. ちょい日常(笑)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。